2021年2月23日~3月2日まで、うるま市具志川総合体育館でトランポリン男女ナショナルチームの強化合宿が行われました。
前回の男子ナショナルチームに続き、女子ナショナルチームの丸山コーチ、森選手、宇山選手に、うるま市でのキャンプについてインタビュー。今回の合宿の成果、また、7月に迫った東京オリンピックに向けての抱負なども語っていただきました。

 
丸山章子(まるやま あきこ)コーチ

──うるま市をキャンプ地に選んだ理由は。
実はうるま市には過去2回合宿で訪れたことがあり、ケンケン体操教室の又吉さんの手厚いサポートがあること、地域の方にとても良くしていただけることを知っていたのが大きかったです。
コロナ禍で昨年は2回ほどしか試合ができず、海外での合宿も困難になりました。練習はナショナルトレーニングセンターで行うことがほとんどで、毎日同じ、すべてが整った環境です。でも、国際大会では時差もあり、どんな環境で、何が起こるかもわかりません。どんな状態、環境でも力を出せる対応力を養うには、異なる環境での練習が必要です。
数か月後に迫ったオリンピックに向けていかにそういった機会を作るかが大事な時期、国内で海外に来たような環境を作ることができる沖縄、うるま市は最高の場所でした。

──うるま市でキャンプを行って良かった点は。
「どんな状況、条件でも集中を切らさない適応力や対応力を高める」という、思い描いていたとおりの練習ができたことが何よりの収穫です。
国際大会では長時間移動し、跳ね上げの強い新しいトランポリンを使うことが多いんです。海外のような雰囲気に最新モデルのトランポリン、普段と違う湿度や気温、隣のコートは市民の皆さんに開放されているという中での合宿で、まさに、作りたかった環境が整っていました。
目の前にきれいな海が広がり、都市部とは違い渋滞に悩まされることもなく、食事も抜群においしくて本当に楽しませていただきました。沖縄料理は食べ尽くしたかもというほどです。 

──うるま市民へのメッセージをお願いします。
コロナ禍、緊急事態宣言下という状況の中、合宿させていただき心から感謝しています。日本代表チームにとって本当に良い合宿になりました。東京オリンピックでの活躍を期待して、ぜひ選手を応援してください。
 

森(もり)ひかる選手

──うるま市でのキャンプはいかがですか。
海が大好きなので、力が出ます。オリンピックへ向けての合宿で、練習は厳しく朝も早いですが、きれいな海を見たら疲れが抜けていくようです。移動時間も少し長いですが、海中道路はすぐそこ、しかも両側に海があって、海の匂いを感じたりして楽しんでいます。

──うるま市の印象は。
本当に海がきれいです。合宿で自由時間は限られますし、コロナ禍で外出もできませんが、そんな中でも温かなもてなしでパワーをいただきました。予定から前後してしまう時間にも柔軟に対応してくださったり、気に入ったお料理はまた出してくださったり、ホテルスタッフの心遣いにも癒されています。

──うるま市民へのメッセージをお願いします。
コロナ禍の中、合宿をさせていただいたことに本当に感謝しています。コロナが落ち着いたら、試技会や交流会などもできたらと思っていますので、ぜひ足を運んでください。今回の合宿を力にして、オリンピックに向けてがんばっていきます。ありがとうございました。
 

宇山芽紅(うやま めぐ)選手

──うるま市でのキャンプはいかがですか。
最新モデルの、ほとんど新品のトランポリン台で練習できてとてもうれしいです。暖かいし、普段はできないきれいな砂浜でのトレーニングもあってテンションが上がります。うるま市でキャンプをさせていただいて本当に良かったです。

──うるま市の印象は。
初日から歓迎していただき、合宿の準備やサポートはもちろん、差し入れなどもたくさんいただいて、温かい気持ちになりました。ずっと見ていても飽きないきれいな海があって、その眺めと、おいしい郷土料理で沖縄を満喫できる場所ですね。今朝はベランダで朝ごはんを食べました。

──うるま市民へのメッセージをお願いします。
コロナ禍の中、今回の合宿にたずさわり、準備やサポートをしてくださった皆さんに感謝の気持ちでいっぱいです。横断幕や花束で歓迎していただき、本当にうれしかったです。今後もトランポリンナショナルチームをぜひ応援してください!

 
東京オリンピックのトランポリン競技は、女子が2021年7月30日、男子は翌日の7月31日に予定されています。ナショナルチームのメンバーが力を出し切り、オリンピック初のメダルを手にできるよう、皆で声援を送りましょう。
次回合宿が実現した際には、ショーや体験教室、試技会などでトランポリンに親しむ機会も作っていただけそうです。こちらもとても楽しみですね。

 

トランポリンナショナルチーム強化合宿インタビュー・女子編